写真っていいですね!あの日のことを思い出します!

パソコンの画像を見ていると

あの日のことが夢のように思い出される!

クリスマスシーズンは、皆で楽しく飾りました

このジャカランタの花一度だけ咲き

次の年の台風でかれました

我が家のリフォームの前の

リビングです

こんな爽やかな時もありました

庭の籐セット、宮古島のホテルに行きました

あ~懐かしい~

これはキープして我が家で出番を待ってます

あ~たのしかった~

決して戻ろうとはこれっぽっちも、思いません

不思議なほどすっきりと!

全てに前を向いて進みます!

 

城下町,首里の風情

琉球王国の歴史が残る首里城近辺

琉球石灰岩が敷かれた石畳

琉球王国の歴史に誇りを感じる、好きな場所です

さすがに首里 沖縄の赤瓦が美しいく、憧れです

沖縄の赤瓦は、本土の瓦との大きな違いは

一枚一枚が漆喰で止められ、台風でも

吹き飛ばないようになっています

赤瓦と白の漆喰のバランスにも

美しさを感じます

こちらは漆喰が新しいので白さが際立っています

このあたりはテレビドラマの「ちゅらさん」

に登場した石畳です

散策していると、フランス人が住んでおられると聞き

驚きましたが、美しい風情に納得

素晴らしい環境です

しかし、こんな家もありました

空き家になってるのでしょう、ブーゲンビリアが

屋根まで覆いかぶさり

近くの大きな建物との比が

寂しさを感じました、時代は移り変わります!

沖縄の赤瓦、美しい文化です!!

守り抜いてほしい!!

小さな増築

一人の大工さんで作る小さなお部屋

まだまだ工事中です

建築のことが分からない私にも、仕事の丁寧さは

伝わり さすがです!

それでも来週の月曜日はコンクリートスラブ打ちです

こんなに丁寧な仕事をして頂いていますよ!

屋根がコンクリートなので台風で飛ばされるようなことには

ならないです! 台風で学んだ先人の知恵、

一昔前は、沖縄は台風銀座と言われ ほんとうに台風の多い島でした

私の人生でも家を建てたのは、結婚して直ぐの

20代の頃です 建築の事何も学んでないませんでした

小さな小さな増築ですが 大切に受け止めて

とても感謝しております

コンクリートのスラブ打ちが終わると

いよいよ終盤です

お天気にも恵まれ 工事が順調に進んでいく事を

祈らずにはおれません、感謝しています!