ベースサイドイン宿泊利用規約・約款

貸別荘 BASE-SIDE-INN
≪ベースサイドイン≫
利用規約・約款
(適用範囲)
第1条
1.当貸別荘が宿泊者との間で締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この契約に定めるところによるものとし、この約款に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。
2.当貸別荘が、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定にかかわらず、その特約が優先するものとします。

(宿泊契約の申し込み)
第2条
当貸別荘に宿泊契約の申し込みを行う場合は旅館業法の定めである次の事項を当貸別荘に申し出ていただきます。
(1)宿泊者名、年齢、性別、住所及び職業、電話番号
(2)外国人にあっては、国籍、旅券番号、入国地及び入国年月日
(3)宿泊日及び到着予定時刻
(4)宿泊料金(原則として別表の基本宿泊料金による)
(5)その他当貸別荘が必要と認める事項
2.その宿泊者が宿泊中に前項
(3)の宿泊日を超えて宿泊の継続を申し入れた場合、当貸別荘はその申し入れがなされた時点で、新たな宿泊契約の申し込みがあったものとします。
(宿泊契約の成立)
第3条
1.宿泊契約は、当貸別荘が前条の申し込みを承諾したときに成立したものとします。ただし、当貸別荘が承諾をしなかったことを証明したときはこの限りではありません。
2.前項の規定により宿泊契約が成立したときは、当貸別荘が定める予約金(前払金)を当貸別荘が指定する日までにお支払いいただきます。
3.予約金は、まず宿泊者が最終的に支払うべき宿泊料に充当し、第7条及び第12条の規定を適用する事態が生じたときは、取り消し料(違約金)に次いで賠償金の順序に充当し、残額があれば料金の支払いの際に返還します。
4.第2項の予約金を同項の規定により当貸別荘が指定した日までにお支払いいただけない場合は、当貸別荘は予約客に告知し、宿泊契約を解除すことがあります。なお、その告知につき当該予約客に連絡不能の場合も同様の処理をします。(申込金の支払いを要しないこととする特約)

第4条
1.前条第2項の規定にかかわらず、当貸別荘は契約の成立後同項の申込金の支払いを要しないこととする特約に応じることがあります。
2.宿泊契約の申し込みを承諾するに当たり、当貸別荘が前条第2項の申込金の支払いを求めなかった場合及び当該申込金の支払期日を指定しなかった場合は、前項の特約に応じるものとして取り扱います。
(宿泊契約締結の拒否)
第5条 当貸別荘は次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないことがあります。
(1)宿泊の申し込みがこの約款によらないとき
(2)満室で宿泊棟の余裕がない
(3)宿泊しようとする人が、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると認められるとき。
(4)宿泊しようとする人が、伝染病者であると明らかに認められるとき
(5)宿泊しようとする人が、暴力団の構成員、又は暴力団関係者であると認められたとき
(6)宿泊に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき
(7)天災、施設の故障、その他やむを得ない理由により宿泊させる事ができないとき
(8)都道府県条例に特に規定される場合に該当する時

(宿泊客の契約解除)
第6条
1.当貸別荘は宿泊契約の申込者が、宿泊契約の全部または一部を解除したときは、当貸別荘の別表第2「違約金申し受け規定」により違約金を申し受けます。
2.当貸別荘は、宿泊者が連絡をしないで宿泊日当日の午後8時になっても到着しないときは、その契約は宿泊者により解除されたものとみなし処理することがあります。
3.前項の規定により解除されたものとみなした場合において、宿泊者がその連絡をしないで到着しなかったことが列車、航空機等公共の運輸機関が不着またはその遅延その他、宿泊者の責に帰さない理由によるものであることを証明したときは、第1項の違約金をいただきません。

(当貸別荘の契約解除)
第7条 当貸別荘は次にあげる場合においては、宿泊契約を解除する事があります。
(1)宿泊者が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあるとき。又は同行為をしたと認められるとき。
(2)宿泊客が当貸別荘に対し、不当要求を行い、又は合理的な範囲を超える負担を要求したとき。
(3)天災等不可抗力に起因する事由により宿泊させる事ができないとき。
(4)寝室での寝たばこ、消防用設備等のいたずら、当貸別荘が定める利用規約の禁止事項に従わないとき
(5)ペットの同伴はお断りしております。それにも拘らずペットの同伴が確認されたとき理由:アレルギー体質、趣味趣向、特異体質感染症の方に配慮のため
(6)宿泊人数が予約より増えた場合。ただし、最大宿泊定員6名の範囲内で宿泊規定に反しない時に限り、追加料金を申し受けて認めることがあります。この場合15歳未満の方の宿泊は原則お断りします。

2.当貸別荘は、次に掲げる場合においては、宿泊契約を解除いたします。
(1)宿泊客が、暴力団員、または暴力関係団体その他反社会的勢力の関係者であるとき。
(2)宿泊客が、暴力団員、または暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体の関係者であるとき。
3.契約期間中に予定外の宿泊者が合流、又は許可なく宿泊者等が増えたことが認められたとき。その場合、ご相談はお受けしますが、15歳未満の方は規定のとおりお断りすることがあります。理由:宿泊名簿に記載されない方の宿泊は人災、損害などの責任の問題により旅館業法で禁じられております。
4.当貸別荘が前項の規定に基づいて宿泊契約を解除したときは、宿泊客がいまだ提供を受けていない宿泊サービス等の料金はいただきません。ただし、予約金の返金は致しかねます。

(客室の利用時間)
第8条
1.宿泊客が当貸別荘を利用できる時間は、午後3時から翌朝10時までとします。連続して宿泊する場合においては、到着日午後3時から出発日午前10時まで使用することができます。
2.当貸別荘は、前項の規定にかかわらず、同項に定める時間外の利用に応じる事があります。この場合、次の追加料金を申し受けます。※尚、お断りする場合もあります。
(1)超過3時間まで、宿泊料1泊分の30%相当額
(2)超過5時間以上は、宿泊料1泊分の1oo%相当額(当日のチェック・イン時間以降)

(料金の支払い)
第9条
1.宿泊客が支払うべき宿泊料金等の内訳は、料金ページに揚げるところによります。
2.前項の宿泊料金等の支払いは、通貨により申し込みの際に取り決めたとおりに支払っていただきます。
3.当貸別荘が宿泊客に客室を提供し、使用が可能になった後、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合においても宿泊料金は申し受けます。

(契約した宿泊棟の提供が出来ないときの取り扱い)
第10条
1.当貸別荘は、宿泊客に契約した宿泊棟を提供できないときは、宿泊客の了解を得て、出来る限り同一の条件による他の宿泊施設を幹線するものとします。2.当貸別荘は、前項の規定にかかわらず他の宿泊施設の幹線ができないときは、取り消し料相当額を限度とし、補償料を宿泊客に支払いその補償料をもって損害賠償額とします。ただし、宿泊棟が提供できないことについて、当施設の責に帰すべき事由がないときは補償料を支払いません。
(利用規則の遵守)
第11条
1.宿泊客は、当貸別荘においては当貸別荘が定めている利用規則及びこの約款に従っていただきます。
2.施設内での打ち上げ花火・キャンプファイヤー等の火気厳禁

(宿泊客の責任)
第12条
1.宿泊者の故意又は過失により当貸別荘が被害を被ったときは、当該宿泊者は当貸別荘に対しその被害を賠償していただく場合があります。
2.損害の復旧するまでの休業補償で支払うべき内訳は、次の通りです。
□器具、備品、内装、外装等の汚し、破壊、破損、盗難等それらの金額
□宿泊補償料金:基本宿泊料×日数

(当貸別荘の責任)
第13条
当貸別荘は、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、又それらの不履行により宿泊客に被害を与えたときは、その被害を賠償します。ただし、それが当貸別荘の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。なお、当貸別荘は万一の火災等に対処するため賠償責任保険に加入しています。

(駐車場)
第14条 
宿泊者が当貸別荘の駐車場をご利用になる場合、当貸別荘は場所をお貸しするものであって、 車両の管理責任まで負うものではありません。ただし駐車場の管理にあたり当貸別荘の故意又は 過失によって被害を与えたときは、当貸別荘が加入する賠償責任保険の適用範囲内で賠償いたします。

「重要確認事項」
★建物内は禁煙になっております
★ペットの同伴はお断りしております。
★15歳以下はお受けしておりません(事前にご相談下さい)
★未成年者の方の一人又は未成年者同士だけの場合はお断りしております。
★契約人数は厳守下さい。(契約後に増えた場合、解約又は1棟1泊標準日数分を過料します)
★宿泊に人数等の不正や、故意又は重大な過失による建物備品を破損する恐れのある方の宿泊は固くお断りします。
★近隣にご迷惑がないようにお願いします。
★室内に次に物をお持ち込みにならないで下さい。
動物、鳥類、覚せい剤、麻薬類、発火引火しやすい危険性のある薬品、多量の物品(空気ボンベ等)など
★撮影の場合事前に使用目的をお聞かせ下さい。使用時間は昼間の8時間以内といたします。
★室内でのバーベキュ-は禁じております。又きつい香辛料も注意して下さい。
★心身耗弱の方、薬物、飲酒等に依存する方の宿泊はお断りします。

プライバシー個人情報保護方針
業務に必要な個人情報を適切に取り扱い保護いたします。
1.当貸別荘は、お客様の個人情報を業務上必要な範囲で適切かつ公正な方法によって収集し目的の範囲内で利用します。
1.当貸別荘は、法令に定める場合を除き、お客様の許可なくその情報を第三者に開示、提供する事はありません
1.当貸別荘は、個人情報に関して適用される法令、規範を遵守し、個人情報の保護に努めます。

「マナーについて」
未成年者の飲酒・喫煙は固くお断りします。
ゴミの分別は指定の要領でお願いします。
調理道具・食器類はご利用後は洗浄して戻してください。
ベッドメイクはお客様のセルフサービスになっております。
室内ではにおいの残る調理はご遠慮頂くか換気に気をつけてください。
夜間の騒音の禁止。打上げ花火は絶対に禁止です。

ページTOPへ